遊びながらのトレーニングで回復した視力を安定させる方法

単なる近視ではないかも?!

 

あなたのお子さんの視力が悪いのは、
単なる「近視」ではないかもしれません。

 

眼科の医師に相談すると、目の機能にばかり
注目するので、見過ごされがちですが・・・

 

じつは、目に入ってきた視覚情報を、脳がうまく
処理することができず、「見えていない」ような
状態になっていることがあるんです。

 

 

さらに言えば・・・

 

 

視覚情報をうまく処理できないため、
ピントを合わせるなどの、目の機能にも
悪影響がおよんでしまいます。

 

 

そのため、もともとは目には異常がなくても、ぼんやりとしか
見ることができなくなってしまうわけです。

 

 

「見る」ことを練習するトレーニング法

 

この視力回復方法は、「目」を鍛える
トレーニング法ではありません。

 

「目」そのものではなく、「見る」という
行為を練習するトレーニング法です。

 

 

ご家庭にある文房具などを利用して、お子さんに
「見る」ことを練習させるトレーニングです。

 

 

なお、この視力回復方法は、あなた自身がコーチになって、
子供にトレーニングをさせる必要があります。

 

ほったらかしでできるわけではありません。

 

 

例えば、子供にキャッチボールを教えるためには、あなた自身が
子供にボールを投げてあげないといけないですよね。

 

それと同じで、子供に「見る」ということを教えるために、
あなた自身がいろいろトレーニングをしてあげないとダメなんです。

 

 

1日5分でできる方法ではありますが、
継続するのは大変かもしれません。

 

 

>>さらに詳しい情報はコチラから<<

 

 

基本情報

 

ノウハウ提供者 不明(仮名アイトレーニングラボ)
販売者 横山直広(株式会社Catch the Web)
価格 20,000円(税込)
保証等 全額返金保証付き(91〜365日の間)
サポート 無し
備考 親御さんがいっしょに取り組む必要があります。
公式サイト http://www.eyetraining123.com/top/

 

 

おすすめポイントと総合評価

 

おすすめポイント

 

  • 目を鍛える視力回復方法ではない
  • 「見る」ということをトレーニングする方法
  • 家庭にある文房具などを利用して行う
  • 1日5分で取り組めます
  • 親御さんがいっしょに取り組む必要がある
  • 効果が出なかったら、全額返金してもらえる

 

総合評価

 

この視力回復方法は、普通の「近視」を
改善するノウハウではありません。

 

目から入ってくる視覚情報を、脳で適切に
処理できるようにトレーニングするノウハウです。

 

 

当然のことですが、脳の「視覚情報処理能力」に
問題のないお子さんには、全く効果はありません。

 

 

つまり・・・

 

 

最初は、目を鍛えるタイプの視力回復方法を
試してみる必要があります。

 

(※おすすめはコチラ

 

 

それを一定期間試してみて、思ったように効果が出ない場合には、
脳の「視覚情報処理能力」に問題があるのかもしれません。

 

 

そのときは、この視力回復方法をあらためて
取り寄せてみてください。

 

 

 

 

ヒモとビーズを使った、子供のための視力回復トレーニングです。2006年から販売実績があり、ずっと売れ続けているロングセラーです。愛知県小牧市の実店舗で、毎日子供たちに教えている視力回復トレーニング法をまとめた教材で、信頼性と実績が他の教材を圧倒的に上回っています。もちろん全額返金保証付きでオススメです。

詳しい解説 公式サイト

あなたのお子さんの視力が悪いのは、もしかすると単なる「近視」ではなく、「目と脳の連携」に問題があるのかもしれません。そのような子供には、目を鍛えるのではなく、脳を鍛える「パーフェクトアイ」が有効になるかもしれません。楽しい音楽と愉快なアニメーションで、子供が飽きずに続けられる視力回復トレーニングです。

詳しい解説 公式サイト

「見る」ことが苦手な子供に対して、視覚情報を脳でうまく処理できるようにトレーニングする視力回復方法です。教材にゲームなどは付属せず、どこの家庭にもある文房具を使って視力を回復させます。ご両親が先生役になって、子供に指導しながら取り組む必要がありますが、いっしょにやることで子供と連帯感が深まります。

詳しい解説 公式サイト


TOPへ