子供の視力回復方法「小学生の仮性近視に短期間で効くトレーニング法とは?」

【視力Q&A】医者に眼鏡にするしかないと言われた

小学3年の子供の視力について質問です。半年ほど前に、子供がテレビを見てるときに目を細めて見てることに気が付きました。目を細めないと見えにくいの?と聞いてみたら、ちょっと見えにくいとのことで、慌てて眼科に連れて行きました。眼科ではしばらくワックという機械とミドリンという目薬で治療を受けていたのですが、半年ほど経過した時点で0.3程度で落ち着いてきたようで、お医者さんからは「これ以上は効果も見込めないので治療は終了しましょう」というふうに言われてしまいました。治療を終了してどうするのかと聞いてみたら、「黒板とかがどうしても見えにくいようだったら、前の方の席に変えてもらうか、必要であれば眼鏡を作るしかないですね」と言われてしまいました。でもほんとに眼鏡を作るしかないのか、うちの子供は女の子ですし、クラスの他の子も眼鏡はかけてないみたいなので、ひとりだけメガネをかけさせるのはかわいそうに思います。できれば眼鏡以外の方法がないかと思っていて、いろいろ検索していてこちらのサイトにたどり着きました。うちの子供のケースでは、眼鏡にするしか方法はないのでしょうか?それとも視力回復のトレーニングをやればまだ間に合うんでしょうか?

子供の仮性近視は、眼科では治療できません。

 

「近視」は病気ではないため、
病気の専門家であるお医者さんにとっては、
ある意味専門外という意識なんですね。

 

 

西洋医学を学んでいるお医者さんは、
お薬や手術によって改善できるタイプの病気しか
きちんと対処することができません。

 

それがいいか悪いかは別として、
ある意味お医者さんの限界なんです。

 

 

【関連記事】目薬(ミドリン)とは?

 

【関連記事】両眼視簡易検査器(通称ワック)とは?

 

 

ただし、お医者さんにもプライドがありますし、
治療できないからといって、他に解決策があるとは
教えてはくれません。

 

そこが個人的には大問題だと思います。

 

 

ところで・・・

 

 

「眼鏡にするしかないのか?」というご質問ですが、
眼鏡にする前に視力回復トレーニングを試してみることを
強くおすすめさせていただきます。

 

仮性近視というのは、単純に言ってしまえば、
目のピントを合わせる筋肉が凝り固まってしまっている状態です。

 

 

ミドリンやワックは、凝り固まった状態の筋肉を
一時的に緩くする効果があるわけですが、
日常的に眼の筋肉を意識して使うようにしなければ
十分な効果を期待することはできません。

 

スポーツでも何でもそうですが、
筋肉というのはトレーニングしなければ
きちんと動かせるようにはなりません。

 

最近の子どもを取り巻く環境は
眼の筋肉をあまり使わないですむようになっているため
意識的にトレーニングしないとダメなんです。

 

 

当サイトでは、次の2つの視力回復トレーニングを
特におすすめさせていただいています。

 

 

【おすすめ1】1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法

 

【おすすめ2】楽々!視力アップマニュアル

 

 

お値段とセット内容に少し違いがありますので、
販売ページをしっかり比較してみて
気に入った方を選んでいただければと思います。

 

 

子どもの仮性近視は早め早めの対策が重要です。
タイミングを逃さないように気をつけてくださいね。

我が家の視力回復体験談




視力回復トレーニング教材のご案内

楽々!視力アップマニュアル&トレーニングキット
数ある視力回復教材の中で、セット内容が最も充実しているのがこちら。出口氏本人によるカウンセリングサポートも評価が高い。
【監修】アイトレーニング視快研 出口隆
【構成】DVD動画、冊子、19種のトレーニングキット
【価格】公式サイトでご確認ください


1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法
現在最も売れている視力回復トレーニング教材がこちら。かれこれ10年以上売れ続けている実績豊富なマニュアルです。
【監修】(株)アイトレーニング 田中謹也
【構成】冊子、トレーニングキット、音声CD
【価格】公式サイトでご確認ください


視力回復3ポイント!視力回復アドバンスメソッド
脳を鍛える新感覚の視力回復教材がこちら。専門用語でいうところの「ホリスティック理論」を応用したメソッドになります。
【監修】(株)アイリス 前田和久
【構成】DVD動画、PDF
【価格】公式サイトでご確認ください