【視力Q&A】視力の悪い子供にテレビを見せるときの視聴距離

小学4年生の娘がいます。最近、テレビを見るときに画面が見えにくいみたいで、テレビの1mくらいの距離に座ってテレビを見ています。テレビに近すぎるのは目に良くないと思って、もっと離れて見るように注意するんですが、そのときはちょっと離れるんですが、すごく見えにくいみたいでまた画面に近づいてきます。視力の悪い子供にテレビを見せるときの視聴距離はどのくらいがいいんでしょうか?

テレビを見るときに、あまり画面に
近づき過ぎない方がいいというのは事実です。

 

近くの一点をジーッと凝視することで、
目の筋肉にストレスがかかって、
ピント調整機能が働きにくくなってくるからです。

 

 

しかも、そのような生活習慣がついてしまうと、
子供はどんどん目を上手に使えなくなってきます。

 

子供の仮性近視が少しずつ進行していくわけです。

 

 

視力が正常なお子さんの場合は、
なるべくテレビ画面から離れて見るように指導・教育して、
仮性近視を未然に防いであげることが大切ですね!

 

 

ただし・・・

 

 

すでに視力が悪いお子さんの場合、
無理にテレビから離れさせてもしかたありません。

 

なぜなら、それだとテレビが見えないわけですし、
見えない画面を見ていても楽しくないからです。

 

 

すでに視力が低下してしまっているお子さんに
見えないような離れた位置でテレビを見させても
視力回復の解決策になるわけではありません。

 

テレビを離れた位置で見るというのは、
視力低下の予防策であって、
視力回復の解決策ではないということです。

 

 

では、視力回復の解決策は何かというと、
子供の目の緊張を解してあげる「アイストレッチ」と
子供が目をうまく使えるように訓練する「遠近トレーニング」です。

 

 

ご相談者様のケースでしたら、
すでにお子さんの視力が低下しているようですので、
無理にテレビから離れさせる必要はありません。

 

子供がストレスなく見える位置で見せてかまいませんので、
それとは別に、視力回復トレーニングをさせるようにしてください。

TOPへ