子供の視力回復方法「小学生の仮性近視に短期間で効くトレーニング法とは?」

子供の近視を予防する方法

 

子供の目は、とてもデリケートです。

 

そのため、気がついたときには、すでに子供の視力が

かなり低下してしまっているということがよくあります。

 

 

もし・・・

 

 

あなたのお子さんの視力が、まだ低下して
いないなら、そのままの視力をキープできる
ように注意してあげてください。

 

 

ここでは、子供の視力低下を「予防」するために
大切なことを、いくつかご紹介しておきます。

 

 

 

 

液晶画面を見る時間は1日3時間以内と決める

 

ここでは、「1日3時間」と書きましたが、じつを言うと、
何時間までならOKという公式データはありません。

 

では、なぜ「1日3時間」などと書いたのか?

 

 

それは・・・

 

 

子供が液晶画面を見る時間を、ご両親が管理する
ときの「目安」にしていただきたいからです。

 

 

テレビやゲームなど、現代社会は、液晶画面に
囲まれている状況です。

 

そのため、意識していないと、ついついダラダラと
何時間も液晶画面を見続けることになります。

 

 

しかし・・・

 

 

液晶画面を見る時間を「管理」する意識を持つと、
何時間くらい液晶画面を見続けると、子供の目が
疲れてくるかが分かってきます。

 

お子さんが目をこすったり、目を強くつぶったり
目にストレスを感じているしぐさを見せるからです。

 

 

まずは「1日3時間」というのを目安にして、
液晶画面を見る時間を管理してみましょう。

 

そうやって、あなたの子供に液晶画面を見せていい
時間の制限を、あなた自身で再設定してください。

 

 

椅子に座るときの姿勢を良くする

 

子供は、学校や家で、毎日5〜10時間程度は
椅子に座って机の上の本やノートを見ています。

 

そのため、椅子に座るときの姿勢が悪いと、
とても近い距離で文字を見ることになります。

 

 

視力が低下する原因として、近くを見続けることで
目の筋肉が慢性的な緊張状態になることがあります。

 

つまり、姿勢が悪いことで、とても近い距離で
文字を凝視することになり、目の筋肉にストレスを
かけることになるわけです。

 

 

子供には、椅子に座るときには、なるべく背もたれを利用して、
姿勢よく勉強する習慣をつけさせましょう。

 

 

早寝早起きを習慣づける

 

早寝早起きのメリットは、人間が本来活動すべき
時間帯に活動することで、体内のあらゆる状態に
良い影響があることです。

 

 

視力に限定して話をすれば、夜に目を酷使しないことで
目が疲れにくくなる効果があります。

 

 

また、早寝早起きは脳を活性化させますが、
目と脳は密接な関係にあるため、視力にとっても
良い影響があるわけです。

 

 

栄養バランスのとれた食事を心がける

 

栄養のバランスが悪いと、健康を害するだけでなく、
視力にも悪影響を与えてしまいます。

 

なるべく、栄養バランスのとれた食生活を
心がけるようにしてください。

 

 

一般に、目にいいと言われている
栄養素をまとめておきます。

 

 

栄養素 役割 主な食材
ビタミンA

暗い所でも見えやすくなるなど、見え方を改善する役割がある。

肝油/バター/牛乳/チーズ/卵/緑黄色野菜/レバー/うなぎ

ビタミンB1、B2

目が疲れにくくなるなど、目の機能を整える役割がある。

レバー/うなぎ/魚肉ソーセージ/サバ/納豆/チーズ/焼き海苔

ビタミンC

筋肉細胞の緊張緩和に役立つため、眼精疲労を緩和する役割がある。

ピーマン/パセリ/芽キャベツ/ゴーヤ/キウイフルーツ/ブロッコリー

アントシアニン

網膜にあるロドプシンという物質の再合成を助ける働きがあり、目の機能を改善する役割がある。

ブルーベリー/黒豆/ぶどう/赤ワイン/しそ

 

 

アイ・ストレッチを習慣づける

 

現代社会は、目を酷使する機会が非常に多いため、
目がとても疲れやすくなっています。

 

 

酷使して疲れた目は、その日のうちにやさしく
ストレッチ(マッサージ)して、ケアしてあげることが大切です。

 

 

ぜひ、正しい「アイ・ストレッチ」の方法を学んで、
お子さんの目のストレスを取り除いてあげましょう。

 

 

視機能回復トレーニングを習慣づける

 

人間の身体は、普段からしっかりと
動かしていないと、動けなくなってきます。

 

使わない筋肉はどんどん小さくなり、
どんどん機能が衰えてきます。

 

 

「目」についても同じことで、普段からしっかりと
ピントを合わせるトレーニングをしておくことが大切です。

 

 

目のトレーニングの基本は、遠くを見たり、
近くをみたりする、「視機能回復トレーニング」です。

 

効果的な「視機能回復トレーニング」の方法を学んで、
ぜひ、お子さんといっしょに実践してみてください。

我が家の視力回復体験談




視力回復トレーニング教材のご案内

楽々!視力アップマニュアル&トレーニングキット
数ある視力回復教材の中で、セット内容が最も充実しているのがこちら。出口氏本人によるカウンセリングサポートも評価が高い。
【監修】アイトレーニング視快研 出口隆
【構成】DVD動画、冊子、19種のトレーニングキット
【価格】公式サイトでご確認ください


1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法
現在最も売れている視力回復トレーニング教材がこちら。かれこれ10年以上売れ続けている実績豊富なマニュアルです。
【監修】(株)アイトレーニング 田中謹也
【構成】冊子、トレーニングキット、音声CD
【価格】公式サイトでご確認ください


視力回復3ポイント!視力回復アドバンスメソッド
脳を鍛える新感覚の視力回復教材がこちら。専門用語でいうところの「ホリスティック理論」を応用したメソッドになります。
【監修】(株)アイリス 前田和久
【構成】DVD動画、PDF
【価格】公式サイトでご確認ください