子供の視力回復方法「小学生の仮性近視に短期間で効くトレーニング法とは?」

子供の近視が増えている社会背景

 

まず最初に、文部科学省で公表している
子供の視力に関する統計データをご紹介します。

 

年度 A判定 B判定 C判定 D判定
1.0以上 1.0未満
0.7以上
0.7未満
0.3以上
0.3未満
幼稚園児 平成4年

約80%

約14%

約5%

約1%

平成24年

約72%

約21%

約6%

約1%

小学生 平成4年

約78%

約9%

約8%

約5%

平成24年

約69%

約11%

約11%

約9%

中学生 平成4年

約54%

約10%

約15%

約20%

平成24年

約46%

約11%

約16%

約27%

高校生 平成4年

約41%

約10%

約17%

約32%

平成24年

約36%

約11%

約17%

約37%

 

※四捨五入しているため、必ずしも合計が100%にはなりません。

 

 

小学生の「3割」が視力に問題あり!

 

データを見てまず驚くのが、小学生の約3割が
視力1.0未満で、視力に何らかの問題をかかえている
可能性があるということです。

 

 

学校検眼だと、次のようなイメージです。

 

  • A判定・・・10人に7人 (1クラス40人なら28人)
  • B判定・・・10人に1人 (1クラス40人なら4人)
  • C判定・・・10人に1人 (1クラス40人なら4人)
  • C判定・・・10人に1人 (1クラス40人なら4人)

 

 

また、20年前と比較すると、特に「0.3未満」の
裸眼で生活できない子供が倍増していることにも
驚いてしまいます。

 

 

中学生、高校生の「半数」が裸眼で生活できない!

 

 

中学生、高校生になると、さらに状況は
悪くなってしまいます。

 

中学生の約3割、高校生の約4割が、
裸眼では生活できない視力です。

 

 

授業中だけメガネを使用している子供も含めれば、
おそらく半数以上は、視力矯正なしでは生活できない
と考えられます。

 

 

生活習慣による近視の悪化

 

なぜ、近年になって、子どもたちの視力が
こんなに悪化してきているのか・・・?

 

 

原因はいろいろ考えられると思いますが・・・

 

  • 携帯ゲーム機を長時間じっと見つめる機会が増えた
  • パソコンの画面を長時間じっと見つめる機会が増えた
  • テレビの画面が大型化して、発光量が増えた

 

 

現代社会のひとつの流れとしては、
家電製品の進化・多様化にともない、子供の目が
過剰な光にさらされる環境になってきたというのがあると思います。

 

 

また、景気低迷による共働きの増加などで、子供の行動に
両親の目が届きにくくなったということもあるかもしれません。

 

 

だからこそ・・・

 

 

お子さんの視力低下が心配であるならば、
お子さんといっしょに、視力回復トレーニングに
取り組んでみませんか?

我が家の視力回復体験談




視力回復トレーニング教材のご案内

楽々!視力アップマニュアル&トレーニングキット
数ある視力回復教材の中で、セット内容が最も充実しているのがこちら。出口氏本人によるカウンセリングサポートも評価が高い。
【監修】アイトレーニング視快研 出口隆
【構成】DVD動画、冊子、19種のトレーニングキット
【価格】公式サイトでご確認ください


1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法
現在最も売れている視力回復トレーニング教材がこちら。かれこれ10年以上売れ続けている実績豊富なマニュアルです。
【監修】(株)アイトレーニング 田中謹也
【構成】冊子、トレーニングキット、音声CD
【価格】公式サイトでご確認ください


視力回復3ポイント!視力回復アドバンスメソッド
脳を鍛える新感覚の視力回復教材がこちら。専門用語でいうところの「ホリスティック理論」を応用したメソッドになります。
【監修】(株)アイリス 前田和久
【構成】DVD動画、PDF
【価格】公式サイトでご確認ください