子供の視力回復方法「小学生の仮性近視に短期間で効くトレーニング法とは?」

子供の近視の症状・特徴

 

新学年が始まる春に、「学校検眼」という
子供の視力検査が行われます。

 

その検査結果を見てはじめて、子供の視力が

低下していることに気が付くケースが多いです。

 

 

しかし・・・

 

 

「学校検眼」は1年に1回しかないため、
正直言って、あまり有効な検査ではありません。

 

 

子供の近視は、いっきに症状が進むことが多く、
日頃からご両親が子供の視力に気をつけていないと
手遅れになってしまうことが多いからです。

 

 

子供の視力が低下している「シグナル」を見逃すな!

 

当サイトでは、子供の「学校検眼」は、最低でも
1年に「2回」は行う必要があると考えています。

 

 

とは言っても・・・

 

 

「学校検眼」には、税金を使用するわけですし、
ひんぱんに行うことができない事情も理解できます。

 

 

唯一の解決策は、あなたがお子さんの視力について
最大限に注意してあげることではないでしょうか。

 

 

ここでは、子供の視力が低下してきたときに現れる
近視の「シグナル」について考えてみましょう。

 

 

 

 

目を細めて見る

 

誰でも経験があると思いますが、遠くのものが
見えにくい場合は、目を細めますよね?

 

 

つまり・・・

 

 

あなたのお子さんが、目を細めてものを見ていたら、
遠くのものが見えにくいということです。

 

視力が不足しているということです。

 

 

目を細めれば見えるため、特に問題があると感じない
親御さんが多いかもしれません。

 

 

しかし・・・

 

 

眼を細めるというのは、お子さんの視力が低下し始めている
最初のシグナルですので、決して見逃してはダメなんです。

 

 

勉強するときに顔を机に近づける

 

勉強するとき、漫画を読むとき、テレビを見るとき・・・

 

 

いろんな場面で、あなたのお子さんは、
極端に顔を近づけて見ていませんか?

 

 

勉強するときに、机に顔を近づけているのは、
単に姿勢が悪いということではありません。

 

視力が足りていなくて、顔を近づけないと
見えにくいということなんです。

 

 

このようなケースでは、「姿勢を良くしなさい!」と
注意しても無意味です。

 

 

視力が低下し始めているシグナルだと気づいて、
すぐに視力回復トレーニングを始めるべきなんです。

 

 

目をひんぱんにこする

 

例えば、携帯ゲーム機を長時間凝視するなど、
近くばかりを見続けると、「毛様体筋」という目の筋肉が、
慢性的な緊張状態で疲れてしまいます。

 

 

このような場合、目の筋肉が、軽く痙攣(けいれん)するなど、
目に違和感を感じるようになります。

 

 

そして・・・

 

 

あなたのお子さんが、もし、目をひんぱんにこすっていたら、
目に何らかの違和感を感じているということです。

 

 

目にゴミが入ったりしているだけの可能性もありますが、
目の筋肉の疲れが原因で、目に違和感を
感じている可能性のほうが大きいです。

 

 

このようなケースでは、目のストレッチをするなど、
適切な方法で、目の筋肉の緊張をほぐす必要があります。

 

 

つまり、すぐにでも視力回復トレーニングに
取り組むことが重要なんです。

 

 

話をするときに相手を見ない

 

話をするときに、相手を見ない子供が
たまにいると思います。

 

このような子供に向かって、「話をするときは、
相手の目を見なさい!」などと、お説教をしても
ムダかもしれません。

 

 

と言うのも・・・

 

 

もしかすると、視力が低下し始めていて、
ぼんやりとしか見ようとしない習慣がついて
しまっているのかもしれないからです。

 

 

  • 会ってもあいさつをしない
  • 会っても笑顔を返さない
  • 相手の顔を見ない

 

 

教育の問題かもしれませんが、もしかすると
視力に問題があるのかもしれません。

 

 

近視のシグナルかもしれないという意識を、
大人が持っておく必要があるんです。

 

 

漢字の書き取りなどが非常に苦手

 

小学生は、漢字や平仮名の書き取りを
よくやりますよね。

 

また、足し算、引き算など、ノートに
書いて勉強するはずです。

 

 

たまに・・・

 

 

ノートの枠線に、文字をそろえて書くのが
ぜんぜんできない子供がいます。

 

いくら教えても、いくら注意しても
ぜんぜんダメなんです。

 

 

このようなケースでは、「うちの子、知的障害が
あるのかしら・・・」と悩んでしまうご両親が多いです。

 

 

しかし・・・

 

 

もしかすると、知的障害ではなく、
視力に問題があるだけかもしれません。

 

 

つまり、よく見えないため、ぼんやりとしか見ない癖が付いてしまい、
ぼんやりとした見え方のまま生活しているんです。

 

 

しかも、子供なので、

 

本人は、それが異常だと分かっていなくて、
改善することができないんです。

 

 

親が子供の視力を守ってあげるしかありません!

 

子供は、自分の視力の状態が正常かどうか、
分かっているようであまり分かっていません。

 

一見、しっかりしている子供でも、やはり子供ですので、
コトの深刻さがよく分かっていないんです。

 

 

そのため、視力が低下しはじめている場合でも、
子供が自分から訴えてくることはありません。

 

 

だからこそ・・・

 

 

両親が、子供の視力の変化にいち早く気づいて、
視力回復トレーニングを始めさせないとダメなんです。

 

 

 

とにかく大切なことは、子供の普段の
何気ないしぐさを見逃さないことです。

 

 

もし、このページでご紹介したような「シグナル」を、お子さんが
出しているのであれば、視力が低下しはじめている可能性が
かなり高いと思って間違いないです。

 

 

このような場合には、決して次の「学校検眼」を
待っていてはダメです。

 

すぐに視力回復トレーニングを開始するようにしてください。

我が家の視力回復体験談




視力回復トレーニング教材のご案内

楽々!視力アップマニュアル&トレーニングキット
数ある視力回復教材の中で、セット内容が最も充実しているのがこちら。出口氏本人によるカウンセリングサポートも評価が高い。
【監修】アイトレーニング視快研 出口隆
【構成】DVD動画、冊子、19種のトレーニングキット
【価格】公式サイトでご確認ください


1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法
現在最も売れている視力回復トレーニング教材がこちら。かれこれ10年以上売れ続けている実績豊富なマニュアルです。
【監修】(株)アイトレーニング 田中謹也
【構成】冊子、トレーニングキット、音声CD
【価格】公式サイトでご確認ください


視力回復3ポイント!視力回復アドバンスメソッド
脳を鍛える新感覚の視力回復教材がこちら。専門用語でいうところの「ホリスティック理論」を応用したメソッドになります。
【監修】(株)アイリス 前田和久
【構成】DVD動画、PDF
【価格】公式サイトでご確認ください