子供の視力回復方法「小学生の仮性近視に短期間で効くトレーニング法とは?」

【体験談2】長女が目を細めているのに気づいて

 

 

1.長女が不自然なほど目を細めていることに気が付きました

 

中学一年生の長女と、買い物に出かけていたときのことです。私は少し離れたところにある洋服を指差し、「あれなんていいんじゃないか?」と、長女に問いかけました。

 

私の声を聞いて、長女は洋服の方に視線を移したのですが、そのときちょっと気になったことがあったのです。長女は、不自然なまでに目を細めながら、洋服の方を見ていました。もしかすると、長女は視力が落ちているのかもしれない…と、私はそのとき初めて気づいたのです。

 

2.今すぐ何とかしなければと思いました

 

「最近、黒板の字が見えづらくないか?」と、私は単刀直入に尋ねました。長女はその質問に対して「確かに」と答え、近頃は物がかすんで見えたり、二重に見えてしまうことがあると、私に告げました。

 

学校の授業にも支障が出ている以上、この状況をただ見過ごすわけにはいきません。私は長女に、眼科での視力検査を提案しました。そして長女もその言葉に同意し、買い物の帰りに、眼科へと向かうことになったのです。

 

3.眼科で診察を受けると軽い近視とのことでした

 

眼科に到着し、さっそく視力検査を行ってもらったところ、両眼で0.6程度という結果が出ました。先生の話によると、どうやら軽い近視のようです。私は、メガネを作るかもしれないのでと先生に伝え、とりあえず処方箋を出してもらうことにしました。

 

帰宅後、実際にメガネを作るかどうかについて、長女と話し合いをしました。メガネをかけると、どうしても見た目のイメージが変わってしまうということで、最初のうち長女は難色を示していました。

 

しかし、黒板の文字が見えづらいというのは、やはり大きな問題です。さらに、遠視や乱視に比べれば目への負担は少ないとはいえ、近視でもそれなりの負担はあります。遠くのものを見るとき、どうしても目を細め、眼球を押しつぶすような形になってしまうからです。

 

そして、私が説得を始めてから30分ほど経ったころでしょうか。ようやく長女は、メガネを作ることに同意してくれました。

 

4.眼鏡屋の店員と相談しながら眼鏡を作りました

 

翌日、私と長女は早速メガネを作るために、近所のメガネ店を訪れました。処方箋を店員に渡し、まずは気に入ったフレーム選びから始めていきます。長女は、色々なフレームをかけてははずしを繰り返していましたが、どうやらセルフレームが気に入ったようです。

 

そして次に、店員からレンズについての説明を受けることになりました。店員の説明によると、それほど強い近視ではないので、特に薄型のレンズを使う必要はないだろうとのことでした。レンズが厚くなるとメガネ自体の重みが増し、かけたときの違和感にもつながります。そのため、私は注意深く、店員に対して説明を求めました。

 

子どもの視力は変わりやすく、たとえ薄型のレンズを使ったとしても、早い段階で取り替えなければならない可能性があるというのが、店員の見解です。経済的な面から考えても、今は最も安価なレンズを選択するのがベターであろうというのが、店員の最終的なアドバイスでした。

 

そして最終的には、長女が選んだフレームに、店員が勧めてくれた安価なレンズを入れて、メガネを作成したのです。

 

5.結果として眼鏡を早めに作ってよかったと思っています

 

その後メガネをかけることになった長女は、当初嫌がっていたのが嘘のように、そのメガネが気に入ってしまったようでした。見えづらくなっていた黒板の文字がよく見えるようになったからなのか、授業の際の集中力も上がったと、嬉しそうに話すのです。結果として、メガネを作ったことは大正解でした。

 

たとえお子さんの視力低下がわかっていたとしても、本人の意思や、経済的な理由などから、メガネの作成を躊躇されている方も多いと思います。しかし、お子さんの目にかかる負担や、その他さまざまな弊害のことを考えれば、迷っている場合ではないとも思うのです。

 

大切な目のためにも、ぜひとも親子でよく話し合い、できるだけ早くメガネを作ることを、強くおすすめします。

我が家の視力回復体験談




視力回復トレーニング教材のご案内

楽々!視力アップマニュアル&トレーニングキット
数ある視力回復教材の中で、セット内容が最も充実しているのがこちら。出口氏本人によるカウンセリングサポートも評価が高い。
【監修】アイトレーニング視快研 出口隆
【構成】DVD動画、冊子、19種のトレーニングキット
【価格】公式サイトでご確認ください


1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法
現在最も売れている視力回復トレーニング教材がこちら。かれこれ10年以上売れ続けている実績豊富なマニュアルです。
【監修】(株)アイトレーニング 田中謹也
【構成】冊子、トレーニングキット、音声CD
【価格】公式サイトでご確認ください


視力回復3ポイント!視力回復アドバンスメソッド
脳を鍛える新感覚の視力回復教材がこちら。専門用語でいうところの「ホリスティック理論」を応用したメソッドになります。
【監修】(株)アイリス 前田和久
【構成】DVD動画、PDF
【価格】公式サイトでご確認ください