子供の視力回復方法「小学生の仮性近視に短期間で効くトレーニング法とは?」

【体験談1】次女の視力が低下したときのこと

 

1.次女が小学3年生のときに視力低下を指摘されました

 

我が家は私と家内、高校生と中学生の2人の娘の4人家族です。私も家内も昔から視力は良いほうでした。さすがに40歳を過ぎるころから多少厳しくなりましたが、それまでは視力の矯正は全く必要ありませんでした。長女も中学受験や今に至るまでまったく問題なくここまで来ています。

 

ところが次女だけはそうはいきませんでした。次女の視力が低下していると気づいたのは学校の定期健診でした。本人はあまり気にしていませんでしたが矯正が必要という判断をもらって、眼科に行ったわけです。小学校3年生になる春のことでした。

 

2.視力が低下するような環境ではなかったと思います

 

今思うと、幼稚園の頃からとにかく活字が大好きでずっと本を読んでいました。テレビゲームや携帯ゲームはやらせていませんでしたが携帯電話は習い事のために触らせていました。

 

とはいえ、暗い所で本を読んだり、携帯電話を常に触ってばかりいたわけではなかったのでそれほど環境に問題があったとも思えません。

 

3.子供に眼鏡はかわいそうな気がしました

 

私も家内もそして長女も、眼鏡や視力矯正に縁がなかったものですから最初の印象は「かわいそう」というものでした。特に私の世代にはめがねをかけることがおしゃれという文化があまりなかったからです。

 

もちろん、今の子供たちはスマホを幼いころから触っていたり、環境は良くなかった影響で視力矯正をはかっているので時代は異なりますが。もちろん、そうはいっても我が家も視力矯正はどうして必要になるわけです。

 

4.次女は眼鏡をファッションのひとつとして前向きに考えていました

 

眼鏡を購入するためにでかけました。そして、驚くことに次女自身は自分の視力が低下していることにまったく自覚がないわけです。何しろ、大好きな本も同じように読めていたわけですから。

 

そして、実際に眼鏡を選ぶにあたっても非常に前向きなスタイルでした。幼いながらもめがねをデメリットととらえず、ファッションの一つとしてとらえているようでした。これはもちろん、家内のコーチングといいますか、気持ちの持って生き方の影響もあったと思います。

 

次女が眼鏡になじめるように最初に購入したときから勉強用とお出かけ用の2本を購入しました。もちろん、そのめがねをかけることで次女も視界がかわったとかなり喜んでいました。

 

5.目を酷使しないように気をつけるように指導しました

 

近くが見えないわけではなかったので大好きだった本を読むときは眼鏡をかけていません。基本的には外出する時が眼鏡の出番ということになります。

 

それでもこれ以上の視力の低下は避けたいと思い、本を読んだ後、または受験勉強も始めたので一定時間勉強した後は目を休めることをすすめるようにしました。といっても、裸眼で屋外をゆっくり眺めるくらいしか考えていなかったのですが。

 

あとは、本を読む時間、勉強する時間、スマートフォンを触る時間が増えることは致し方ないので何よりも環境に気を付けてあげることにしました。どこまで正しいのかはわかりませんが、悪い姿勢での活字への接し方は極力やめさせたり、車の中での揺れる環境の活字への接し方も極力さけたりというところです。

 

6.次女も中学生になりコンタクトレンズを検討しています

 

今年中学生になりましたが幸いなことに視力の低下は小学3年生の頃から進んでいません。もちろん、眼鏡をいやがることもないのですが、部活動をはじめるようになり、それもテニスということでどうしてもメガネが邪魔だという感覚を持つようになっています。

 

今、考えているのはコンタクトレンズです。私も家内も経験がないので使い捨てがいいのかなど知識がないのでいろいろな経験者に話を聞きながらすぐにでも子供にあったコンタクトレンズ利用をしたいと思います。

 

スポーツ以外の時間は慣れたメガネのほうが本人としては楽だということです。相変わらず、家の中ではめがねはかけずに生活しています。維持できれば、生活にもこれからは一切支障ありません。

我が家の視力回復体験談




視力回復トレーニング教材のご案内

楽々!視力アップマニュアル&トレーニングキット
数ある視力回復教材の中で、セット内容が最も充実しているのがこちら。出口氏本人によるカウンセリングサポートも評価が高い。
【監修】アイトレーニング視快研 出口隆
【構成】DVD動画、冊子、19種のトレーニングキット
【価格】公式サイトでご確認ください


1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法
現在最も売れている視力回復トレーニング教材がこちら。かれこれ10年以上売れ続けている実績豊富なマニュアルです。
【監修】(株)アイトレーニング 田中謹也
【構成】冊子、トレーニングキット、音声CD
【価格】公式サイトでご確認ください


視力回復3ポイント!視力回復アドバンスメソッド
脳を鍛える新感覚の視力回復教材がこちら。専門用語でいうところの「ホリスティック理論」を応用したメソッドになります。
【監修】(株)アイリス 前田和久
【構成】DVD動画、PDF
【価格】公式サイトでご確認ください