アイ・トレーニング

 

子供の仮性近視は、
アイ・トレーニングを行うことで
ほぼ回復させることが可能です。

 

 

なぜなら・・・

 

アイ・トレーニングの基本2要素
  • 「アイ・ストレッチ」・・・仮性近視の原因を取り除くトレーニング
  • 「視機能回復トレーニング」・・・目の機能を高めるトレーニング

 

↑↑↑

 

子供が仮性近視になった原因を
きちんと取り除きつつ、

 

子供が眼を上手に使えるようになる
ためのトレーニングを毎日続けて
いくからです。

 

 

アイ・トレーニングの5つのステップ

 

アイ・トレーニングの方法について、
もう少し具体的に見ていきましょう。

 

 

説明・解説

【1】

目のストレッチトレーニング

目の筋肉をほぐすステップです。仮性近視の子供は、目の筋肉がかなり硬直してしまっています。目の周りの筋肉をマッサージしたり、近くと遠くを交互に見たりして、目の筋肉を適度にほぐしていきます。

  • 目の周りの筋肉をマッサージ
  • 遠近を交互に見るトレーニング

【2】

目のコントロール力アップトレーニング

目の筋肉を上手に使えるようにトレーニングするステップです。目には6種類の筋肉があり、それらを意識的に動かすことで、目のコントロール力を高めていきます。

  • 視線を動かすトレーニング
  • 視線を並行に動かす
  • 視線を奥行方向に動かす

【3】

目のバランス
トレーニング

目が2つあるのは、左右の目から入ってきた視覚情報を脳内で合成することで、立体的な情報を得られるからです。そのためにも、左右の目をどちらもバランスよく使える必要があります。

  • 左右の目を使いこなすトレーニング
  • 片方の目だけでトレーニング

【4】

イメージ脳活性化トレーニング

目で見ると言いますが、実際には目ではなく脳で視覚情報を認識します。目の中に入ってきた光の像を網膜で電気信号に変換し、その電気信号が脳に送られて、脳で視覚情報を感じ取るわけです。

  • 視覚情報を脳で認識するトレーニング
  • 右脳を活性化するトレーニング

【5】

目の視機能
トレーニング

液晶画面などの平面的なものばかりを見ていると、空間を立体的にとらえる能力が低下してきます。そのため、左右の目から入ってくる情報から、立体的な情報を正確につかむトレーニングが必要です。

  • 空間を立体的にとらえるトレーニング
  • 一流スポーツ選手も行っているトレーニング

 

↑↑↑

 

この5つのステップを踏んで
トレーニングを続けることで、
子供の仮性近視は、かなりの
確率で回復させることが可能です。

 

 

そして・・・

 

 

アイ・トレーニングを具体的に
カリキュラム化した教材がこちらです。

 

>>おすすめのアイ・トレーニング教材

 

※実際の店舗で子供たちに指導している方法です。
※子供が簡単にできるように工夫されています。
※実践に必要な道具もセットでついてきます。
※90日間のメールサポート付きで安心です。

 

 

子供の仮性近視は、すぐに
あきらめてしまう必要はありません。

 

解決方法がちゃんとありますので、
なるべく早めに始めてください。

TOPへ