子供の視力回復方法「小学生の仮性近視に短期間で効くトレーニング法とは?」

西洋医学による視力回復方法

「西洋医学」とは?

 

特徴

 

西洋医学では、病気の原因を特定して、
その原因を取り除くことを目指します。

 

科学的な基礎研究を積み重ね、
実験検証を繰り返して、病気の原因に
対して、合理的にアプローチします。

 

すぐに病状を改善したい場合などには、
とても効果を発揮します。

 

 

主な治療方法

 

科学技術やハイテク機器を駆使した
治療が行われます。

 

  • 薬物治療
  • 外科手術

西洋医学の視力回復方法記事一覧

学校検眼で再検査の判定を受けて、眼科に子供を連れて行くと、お医者さんから「ミドリン」という目薬を処方されることが多いです。ミドリンには、「毛様体筋」の緊張を緩和する作用があり、仮性近視の初期段階なら、改善効果が見られることがあります。目薬「ミドリン」の概要説明・解説使用法毎日、寝る前に1〜2滴ずつ点眼します。点眼後30分程度経過すると、凝り固まっていた毛様体筋(※目のピント調整を行う筋肉)の緊張が...

学校検眼で再検査の判定を受けて、眼科に子供を連れて行くと、ミドリンという目薬を処方される以外に、「ワック」と呼ばれる機械を使用することも多いです。ワックを使用することで、毛様体筋(※目のピント調整を行う)の緊張が緩和され、仮性近視の改善効果が期待できます。両眼視簡易検査器「ワック」の概要説明・解説使用法ワックという機械に、双眼鏡のような覗き窓があって、その中を覗き込むだけです。機械を覗きこむと、遠...

レーシックは、眼球表面の角膜にレーザーを照射して、視力を回復させる手術です。レーザーで角膜表面の球面形状をやや平坦にならすことで、目に入ってくる光の屈折率を変化させて、ピント調整をしやすくします。ちなみに・・・レーザーで角膜を削るなどというと、とても恐ろしいイメージを持つかもしれませんが、多くのスポーツ選手や芸能人がレーシック手術を受けていますし、とても安全な手術です。レーシック手術の概要説明・解...

オルソケラトロジーは、夜間寝ている間に特殊なコンタクトレンズを装着することで、角膜表面の形状を「クセづけ」して日中の視力を回復させる方法です。角膜形状はしだいに元に戻るので、毎晩、レンズを付けて寝る必要があります。オルソケラトロジーの概要説明・解説具体的な方法一般的なコンタクトレンズは球面形状ですが、オルソケラトロジーで使用するレンズは、表面が平らに加工されています。角膜形状を強制的にクセづけして...