子供の視力回復方法「小学生の仮性近視に短期間で効くトレーニング法とは?」

子供の近視の治療法

 

もし仮に、あなたのお子さんの視力が低下し始めて
いるのであれば、すぐにでも何らかの対策が必要です。

 

ここでは、子供の視力を回復させるための
代表的な3つの方法についてご説明します。

 

 

 

「病院(眼科)」に行って医師の診察を受ける

 

「眼科」には、目の専門医がいますし、
子供の視力を回復させるためには、眼科のお医者さんに
診てもらうのが一番確実な方法のような気がしますよね?

 

 

しかし・・・

 

 

信じられないかもしれませんが、眼科のお医者さんは
子供の視力回復トレーニングは得意ではありません。

 

 

眼科のお医者さんが得意としているのは、
目の病気を治療することです。

 

 

例えば・・・

 

  • 白内障
  • 緑内障
  • 網膜疾患
  • 角膜疾患
  • 結膜炎
  • その他の炎症・疾患

 

このような病気の治療は得意なのですが、
視力回復トレーニングのようなリハビリについては
ある意味「専門外」なんです。

 

 

なぜ眼科に行くように言われるのか?

 

 

「学校検眼」で再検査の判定をもらうと、
病院に行って再検査を受けるように指示されます。

 

なぜ眼科に行くように指示されるのかというと、
子供の視力低下が、何らかの病気によるものかどうかを
確認する必要があるからです。

 

 

何らかの病気が原因であれば、すぐに治療を
開始しなければいけません。

 

だから、眼科に行くように指示されるわけです。

 

 

眼科ではメガネを作るべきかどうかの判定しかしてくれません

 

 

眼科のお医者さんは、「病気」ではないことが分かると、
急に興味がなくなってしまいます。

 

そして、真性近視だと判断すれば、「メガネを作りましょう」と言って
メガネの処方箋を書いてくれます。

 

 

また、近視がまだあまり進んでいない場合は、
「少し様子をみましょう」と言います。

 

 

つまり・・・

 

 

1年後の学校検眼で、もっと視力が下がっていたら
もう一回来てくださいというわけです。

 

でも、あなたのお子さんの視力が、これ以上
下がるのを、放置なんかできないですよね?

 

 

そこで、「ミドリン」という目薬や、「ワック」という機械を使ったりして、
「ちゃんと対処してますよ!」というフリをすることもあります。

 

ちなみに、「ミドリン」も、「ワック」も、目の筋肉をリラックスさせる
効果が期待できるものです。

 

 

これらの処置は、仮性近視の初期段階限定で
たまたま効果があることがあります。

 

しかし、ほとんどのケースで、これだけでは、落ち始めた
視力が回復することはありません。

 

 

子供の視力が低下してきたときに、眼科の医師に何かを
期待すると、裏切られることになるので注意してください。

 

 

「視力回復センター」に通ってトレーニングする

 

病院のような医療法人ではないのですが、
「視力回復センター」と呼ばれる、民間の施設があります。

 

読んで字の通りで、視力を回復させるための
トレーニングを行うための施設です。

 

 

もちろん、視力が回復する可能性は

あると思いますが、

 

いろいろトラブルもあるので、当サイトでは
あまりおすすめしません。

 

 

主なトラブルは、「料金」に関するものです。

 

 

視力回復センターは、患者さんに何度も
通ってもらって、そのつどお金をいただくという
ビジネスモデルです。

 

 

そのため、視力が回復する見込みがなくても、
何度も何度も通うように言われます。

 

そして、料金が数十万円単位にふくらみますが、
視力は回復しないという状況になります。

 

 

しかも、返金保証はありません。

 

  • 何度も通う必要があります
  • かなりお金がかかります
  • 視力が回復しないかもしれません
  • 返金保証はありません

 

 

もちろん、まじめに運営している視力回復センターも
あると思いますので、全てを否定するつもりはありません。

 

ただ、トラブルを頻発する、リスクが大きい
視力回復センターも存在するということです。

 

 

「視力回復トレーニング」を自宅で行う

 

ちょっと、考えてみていただきたいのですが・・・

 

 

あなたのお子さんの視力が低下してきているのは
なぜだと思いますか?

 

 

目に悪い生活習慣

 

 

全てがそうではないとしても・・・

 

子供の視力低下は、「生活習慣」が悪い
証拠ではないかと思うんです。

 

 

あなたのお子さんは、毎日の生活で、
目に悪いことばかりをやっていませんか?

 

  • テレビの画面を長時間じっと見ている
  • パソコンの画面を長時間じっと見ている
  • 携帯ゲーム機の画面を長時間じっと見ている
  • 薄暗い部屋で漫画を読んでいる
  • 目を机に近づけて勉強している

 

 

これらの行動をやめさせることは
もちろん大切なことです。

 

ですが、子供がこのような行動をするのが
ある意味仕方ないことだとすれば・・・

 

 

「目にいい生活習慣」を生活習慣にプラスすることが、
視力を低下させないために必要なことなんです。

 

 

「視力回復トレーニング」を生活習慣にプラスする!

 

 

自宅で行う視力回復トレーニングは、
主に次の2種類のメニューで構成されます。

 

  • 「アイ・ストレッチ」・・・目の筋肉をリラックスさせるマッサージ
  • 「視機能回復トレーニング」・・・ピントを合わせる能力を鍛えるリハビリ

 

 

仮性近視の原因は、「毛様体筋」をはじめとする
目の筋肉が慢性的に緊張していることです。

 

 

すなわち・・・

 

 

これらの視力回復トレーニングを、毎日の生活に
取り入れることで、視力が回復するのは必然的なことです。

 

 

視力回復は毎日の積み重ねが大切!

 

 

視力回復トレーニングは、一種の「リハビリ」です。

 

「リハビリ」は、毎日の積み重ねが重要で、
三日坊主になってしまうと効果が出ません。

 

 

だからこそ・・・

 

  • 自宅でできる
  • 短時間でできる
  • 簡単にできる
  • 実際に効果がある

 

このようなタイプの視力回復トレーニングを
選ぶことが大切になります。

我が家の視力回復体験談




視力回復トレーニング教材のご案内

楽々!視力アップマニュアル&トレーニングキット
数ある視力回復教材の中で、セット内容が最も充実しているのがこちら。出口氏本人によるカウンセリングサポートも評価が高い。
【監修】アイトレーニング視快研 出口隆
【構成】DVD動画、冊子、19種のトレーニングキット
【価格】公式サイトでご確認ください


1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法
現在最も売れている視力回復トレーニング教材がこちら。かれこれ10年以上売れ続けている実績豊富なマニュアルです。
【監修】(株)アイトレーニング 田中謹也
【構成】冊子、トレーニングキット、音声CD
【価格】公式サイトでご確認ください


視力回復3ポイント!視力回復アドバンスメソッド
脳を鍛える新感覚の視力回復教材がこちら。専門用語でいうところの「ホリスティック理論」を応用したメソッドになります。
【監修】(株)アイリス 前田和久
【構成】DVD動画、PDF
【価格】公式サイトでご確認ください